足湯ブーツの口コミ人気商品3選!売れ行きや評判を調査しました

バスタイム・足湯

足湯ブーツの人気商品を調査!おすすめ足湯ブーツを3つ紹介します!

足湯の温熱効果は冷えやむくみを軽減してくれたり、自律神経を整える効果やリラックス効果、入眠促進効果も期待できます。

今話題の足湯ブーツは、履いて移動できる足湯。家事をしながらや、勉強しながら、温め効果を満喫することができます。

この記事では、ネットの評判や売れ行きをチェックして紹介します。

人気の足湯ブーツの効果は?

足湯ブーツによる温熱効果は大きく分けて5つ。「リラックス効果」、「むくみ解消」、「寝つき改善」、「免疫力向上」、「デトックス」などがあります。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

ストレスや緊張によって凝り固まった筋肉や神経は、温めることでほぐしてあげることができます。

温まることで血の巡りが改善され、むくみの原因である老廃物が血液によって流れやすく、むくみの解消が促されます。

足湯で体を温めることで毛細血管が開き、皮膚表面から熱を放出し、体温が下がることで眠くなってきます。

足湯によって体温を正常に保つことで、免疫システムが正常に働けます。

足は老廃物が溜まりやすい場所です。足湯によって温めてあげることで血行がよくなり、血液が循環し、代謝をあげることも期待できます。

足湯ブーツってどんなのが流行ってるの?

一昔前までルームシューズ型の足を温めるグッズがありましたが、ルームシューズ型だと足首やスネが寒く感じる方もいました。
足湯ブーツはふくらはぎまで温かいので足湯に浸かってる感覚が味わえると評判です。
リラックスタイム、勉強、家事とさまざまなシーンで使われています。
人気があるのはやはり軽い素材で防水効果が高い商品です。

足湯ブーツの価格は?種類は?

足湯ブーツの火付け役は「クロッツ」というブランドです。ルームシューズ型湯たんぽにお湯を入れた商品がテレビで取り上げられて人気急上昇!今やショートブーツからロングブーツまで様々なバリエーションがそろっています。

ブーツの高さによって価格はまちまちですが10,000円~30,000円の価格帯になっています。

それでは足湯ブーツの人気商品を3つご紹介します!

クロッツ やわらか湯たんぽ 足用ショートタイプ レッドM

極寒の海に入れるほどのウェットスーツ素材でできた足湯ブーツ。

お部屋での暖かさ持続時間は2~5時間。注ぎ口にお湯を注ぐだけで、足湯に浸かっているような温もり。

ひんやりするキッチンなどでの立ち仕事も、これがあれば大丈夫。オフィスでも毎日使えます。

おすすめポイント
・「所さんお届け物です」で紹介!
熱湯を入れて2~5時間(室内)!
送料無料!楽天ポイント375P付!

料金12,550円(税込)保証1年保証書付
サイズ(27mまで)靴の高さ13cm

クロッツ やわらか湯たんぽ 足用ショートタイプ レッドM

クロッツ やわらか湯たんぽ 足用タイプ Mサイズ

超人気商品、足用タイプ(高さ13cm)が足首まで(高さ23cm)になったニュータイプです。

足から温めて全身ポカポカ。底もついていて軽い移動ができます。

靴下をはいたまま履くだけで、お手軽に足湯の暖かさが楽しめる足湯ブーツです。

おすすめポイント
・足首までスッポリ入る高さ23cm!
・クッションのようなウェットスーツ素材!
・送料無料!
楽天ポイント950P付!

料金19,020円(税込)保証1年保証書付
サイズM(27mまで)靴の高さ23cm

クロッツ やわらか湯たんぽ 足用タイプ Mサイズ

クロッツ 足湯ブーツ/レッドMサイズ&重炭酸HotTab30錠

「癒しの足湯」を歩きながら楽しむことが出来る足湯ブーツです。

重炭酸温泉浴のホットタブ30錠が付いています。

おすすめポイント
「ぐるナイ ゴチになりますで紹介!
いま話題の重炭酸温浴!
・送料無料!楽天ポイント840P付!

料金28,000円(税込)楽天店舗ふるさと納税
サイズM(26mまで)税金控除申請可

クロッツ 足湯ブーツ/レッドMサイズ&重炭酸HotTab30錠

まとめ

今回は人気の温泉ブーツを調べて紹介しましたが、結果としてクロッツの商品のみになってしまいました。

クロッツの他にも、ふくらはぎまで覆う靴下型の湯たんぽはありますが、家事をしたり、デスクワークができるほど頑丈ではありませんでした。

温泉ブーツというからには「しっかりした靴でなくては」と思い、クロッツの3商品を選ばせてもらいました。

どれがおすすめかというと、所さんのテレビ番組でも取り上げられたクロッツ やわらか湯たんぽ 足用ショートタイプ レッドMです。手ごろで、軽量で、ポカポカ。ぜひ一度お試しください。

プライバシーポリシー

本ウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)における,ユーザーの個人情報の取扱いについて,以下のとおりプライバシーポリシー(以下,「本ポリシー」といいます。)を定めます。

第1条(個人情報)

「個人情報」とは,個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし,生存する個人に関する情報であって,当該情報に含まれる氏名,生年月日,住所,電話番号,連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報及び容貌,指紋,声紋にかかるデータ,及び健康保険証の保険者番号などの当該情報単体から特定の個人を識別できる情報(個人識別情報)を指します。

第2条(個人情報の収集方法)

当社は,ユーザーが利用登録をする際に氏名,生年月日,住所,電話番号,メールアドレス,銀行口座番号,クレジットカード番号,運転免許証番号などの個人情報をお尋ねすることがあります。また,ユーザーと提携先などとの間でなされたユーザーの個人情報を含む取引記録や決済に関する情報を,当社の提携先(情報提供元,広告主,広告配信先などを含みます。以下,「提携先」といいます。)などから収集することがあります。

第3条(個人情報を収集・利用する目的)

当社が個人情報を収集・利用する目的は,以下のとおりです。

当社サービスの提供・運営のため
ユーザーからのお問い合わせに回答するため(本人確認を行うことを含む)
ユーザーが利用中のサービスの新機能,更新情報,キャンペーン等及び当社が提供する他のサービスの案内のメールを送付するため
メンテナンス,重要なお知らせなど必要に応じたご連絡のため
利用規約に違反したユーザーや,不正・不当な目的でサービスを利用しようとするユーザーの特定をし,ご利用をお断りするため
ユーザーにご自身の登録情報の閲覧や変更,削除,ご利用状況の閲覧を行っていただくため
有料サービスにおいて,ユーザーに利用料金を請求するため
上記の利用目的に付随する目的

第4条(利用目的の変更)

当社は,利用目的が変更前と関連性を有すると合理的に認められる場合に限り,個人情報の利用目的を変更するものとします。
利用目的の変更を行った場合には,変更後の目的について,当社所定の方法により,ユーザーに通知し,または本ウェブサイト上に公表するものとします。

第5条(個人情報の第三者提供)

当社は,次に掲げる場合を除いて,あらかじめユーザーの同意を得ることなく,第三者に個人情報を提供することはありません。ただし,個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。
人の生命,身体または財産の保護のために必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって,本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
予め次の事項を告知あるいは公表し,かつ当社が個人情報保護委員会に届出をしたとき
利用目的に第三者への提供を含むこと
第三者に提供されるデータの項目
第三者への提供の手段または方法
本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること
本人の求めを受け付ける方法
前項の定めにかかわらず,次に掲げる場合には,当該情報の提供先は第三者に該当しないものとします。
当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって,その旨並びに共同して利用される個人情報の項目,共同して利用する者の範囲,利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について,あらかじめ本人に通知し,または本人が容易に知り得る状態に置いた場合

第6条(個人情報の開示)

当社は,本人から個人情報の開示を求められたときは,本人に対し,遅滞なくこれを開示します。ただし,開示することにより次のいずれかに該当する場合は,その全部または一部を開示しないこともあり,開示しない決定をした場合には,その旨を遅滞なく通知します。なお,個人情報の開示に際しては,1件あたり1,000円の手数料を申し受けます。
本人または第三者の生命,身体,財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
その他法令に違反することとなる場合
前項の定めにかかわらず,履歴情報および特性情報などの個人情報以外の情報については,原則として開示いたしません。

第7条(個人情報の訂正および削除)

ユーザーは,当社の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には,当社が定める手続きにより,当社に対して個人情報の訂正,追加または削除(以下,「訂正等」といいます。)を請求することができます。
当社は,ユーザーから前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の訂正等を行うものとします。
当社は,前項の規定に基づき訂正等を行った場合,または訂正等を行わない旨の決定をしたときは遅滞なく,これをユーザーに通知します。