IFMEスキンケアライン どこに売ってる?口コミの評判は?

スキンケア

IFMEスキンケアラインから「IFME インバスボディミルク」と「IFMEボディウォッシュ」が発売されました。

どこに売ってるのか、いくらで買えるのか、そして気になる口コミ評価は?

ということで、今回は2022年4月1日に発売したこの商品を調査しました。

IFMEスキンケアラインはどこに売ってるの?

IFMEスキンケアラインはIFME公式オンラインストア公式価格で買えます。 

それぞれの価格はというと・・・

■IFMEインバスボディミルク 
ボトル 300mL 1,500円 (税抜)
つめかえ用 250mL 1,150円 (税抜) 

■IFMEボディウォッシュ
ボトル 500mL 1,150円 (税抜)
つめかえ用 450mL 900円 (税抜)

IFMEってどんな会社?

IFMEは、2000年に子どもの足の発育をサポートする産学協同開発のフットウェアブランドとして誕生した会社です。

以来20年以上、日常の中にある“ママ・パパの悩みやニーズ”に応え続けるという想いを基に研究・開発を続け、今年3月に行った調査では、半数以上のママ・パパがIFMEの靴を購入した経験があり、内3割は2回以上購入していると回答。※1 トータル2,800万足の靴を子どもたちに届けています。

IFME スキンケアラインはなぜ誕生したの?

生まれた直後はお母さんからのギフト免疫により守られているお肌も、生後3ヶ月頃から免疫力が急激に低下し、実は8才頃までバリア機能が未熟な状態が続きます。

また、子どもの肌トラブルに悩むママは多く、乳児期は3人に1人、幼児期は4人に1人が子どもの皮膚炎の症状に悩んでいるといいます。

そんな子供たちの肌に着目し、小児皮膚科学に基づき、子供のためのスキンケアラインを開発しました。

IFME スキンケアラインの特徴は?

小児皮膚科学から誕生したバリア機能※1を潤いで守るスキンケアがIFME スキンケアラインです。

 無着色、動物原料フリー、アルコールフリー、お肌と一緒の弱酸性の処方設計です。

バリア機能※1 をはぐくむ植物性セラミド※2、高グレードの保湿成分グリセリン※3、高純度※4 のワセリン※3、シアバター※5 を配合。しっとり潤い肌へ導きます。

また、ボディウォッシュは、細胞間脂質の流出を守り汚れのみを落とすアミノ酸類似物質タウリンから生まれた洗浄成分を使用し、バリア機能を守りながら汚れを落とします。

※1皮膚を保護すること  ※2 糖脂質(保湿成分)  ※3 保湿成分  ※4 純度98%以上  ※5 シア脂(保湿成分)

商品概要は?

■IFMEインバスボディミルク

金額:ボトル 300mL 1,500円 (税抜)
つめかえ用 250mL 1,150円 (税抜)

小児皮膚科学から誕生した、肌のバリア機能が大人に比べて未熟なこどもの素肌を守る※1  IFMEインバスボディミルク(顔・からだ用保湿乳液)。水分をたっぷり含んだ肌を素早く保湿するインバスタイプ。健やかな肌へ導きます。

植物性セラミド※2、グリセリン※3、ワセリン※3/シアバター※5を配合/アルコールフリー/動物性原料フリー/パラペンフリー/無着色、無香料/アレルギーテスト・敏感肌パッチテスト済み
(すべての方にアレルギー及び刺激が起こらないというわけではありません。)

■IFMEボディウォッシュ

金額:ボトル 500mL 1,150円 (税抜)つめかえ用 450mL 900円 (税抜)

小児皮膚科学から誕生した、しっとりクリーム泡で素肌のバリア機能※1をやさしく守りながら洗うIFMEボディウォッシュ(顔・からだ用洗顔料<泡>)。弱酸性の泡で、肌の汚れを落としながら、角質層の水分量も整えます。やさしいサボンの香り。

植物性セラミド※2、グリセリン※3、ワセリン※3、シアバター※4を配合/動物性原料フリー/無着色/やさしいサボンの香り/アレルギーテスト・敏感肌パッチテスト済み
(すべての方にアレルギー及び刺激が起こらないというわけではありません。)

■発売日:4月1日(金)
■発売元:丸紅株式会社
■販売場所:IFME公式オンラインストア

※1皮膚を保護すること  ※2 糖脂質(保湿成分)  ※3 保湿成分  ※4 シア脂(保湿成分)